相羽 久仁晃
落款名 : 樹晃




相羽鴻陽を父として盆栽鉢生産地、常滑に生まれる。
静岡大学大学院農学研究科修了。常滑市陶業試作訓練所にて、ロクロ技術を研修後、鴻陽陶園にて四代目として作陶に励む。
父の指導のもと、釉薬を用いた手びねりやタタラ造りの小鉢を得意とし、洋室にも合うモダンな鉢も作成している。
また、最近は泥物鉢の他にも花器水盤、食器、インテリア、創作急須などを手がけ、日々作陶の幅を広げている。




ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45