角田 好貴
落款名 : 夕照





神奈川県出身
館山市の鏡浦を望む夕日のまばゆい那古海岸に住まいしていることから、号は「夕照」
毎日、海と空を眺めながら1日が暮れていく。
従って、海と空、波と風をイメージした作品が多い。
製作にあたっては、鎌倉彫の技法を用いて、花鳥分や山水、さらに刀痕付けを行うなど鎌倉彫の刀を使ってすべての作品に彫刻を施している。
東京江戸川区の春花園BONSAI美術館の小林國雄館長の教示、指導をいただき、作品の一部は同美術館に展示されております。




ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45