基本的な樹形・盆栽美
- Basic Feature of and Beauty of Bonsai

盆栽美を生み出すためには基本的な作り方があります。


基本樹形として、直幹 (立ち木)、模様木、斜幹、懸崖、文人木、吹流し、株立ち(双幹、三幹、五幹など)、根連なり、石付き、など、があります。


いずれの場合も、全体の姿は “不等辺三角形” にするのが基本です。


盆栽美を追求するには、”良い根張り”、”良い幹 (傷が少ない、コケ順が良い)”、”良い枝 (枝配り)”、”全体の姿かたち、バランス” 、”古色” などがありますが、これらは盆栽を作りながら勉強していけば良いと思います。



<用語解説> – Glossary for Bonsai


♦ 根張り:

木が大地にしっかり根付いている様、
つまり木の根元部分が太く、八方に広がっていることをいいます。
木の立ち上がりが良いともいいます。


根張り (木の立ち上がりが良い)
根張り (木の立ち上がりが良い)

枝配りが良い
枝配りが良い

 

コケ順:

幹は盆栽美の基本をなすもので、
樹高に合わせて根元から頭頂に向かってスムーズに細くなっていく様をいいます。
枝についても同様で、幹もとから先端にかけて徐々に細くなっていくのが良いです。
また、下枝より上枝のほうが細く優しいのが理想です。


枝配り:

一概には言えませんが、
原則的には左、右、後ろに交互に枝があるのが良いでしょう。
そして、幹の曲に合わせ、凸のところから枝が出ており、
凹のところには枝がない方が幹筋が美しく見えます。


古色:

木の姿(根張り、幹の肌、小枝の茂りなど)に古さが感じられることをいいます。
小品盆栽は、小さな鉢の中で大自然の中の樹木を縮小表現したものですから、
年代を経て自然にかもし出される味わい、“さび”が感じられるものが望ましいです。


△ページのトップ