日本の伝統芸術 "盆栽" は "BONSAI" として世界へ
- Japanese Traditional Bonsai Spread to the World as "BONSAI"

世界へ公式デビュー - Official Debut to the World

明治6年 (1873年) にウィーンの万国博覧会に盆栽が出展されたのが、世界への公式デビューでしょうか。昭和45年 (1970年) の大阪万博では 1000点もの盆栽が入れ替えながら展示され、盆栽が世界に広く普及するきっかけになりました。


「BONSAI」は今や世界共通語になり、日本古来の伝統芸術として認知され、各国で多くの人々に楽しまれています。

 

 

韓国のご一行 小品盆栽フェアー「雅風展」 をじっくり鑑賞

-Party from Korea enjoyed Gafu-Ten

2010年 1月 3日~ 6日に京都市勧業館「みやこめっせ」で開催した当協会、京都新聞社、京都市主催の小品盆栽フェアー「雅風展」に、韓国から 20名以上のお客様が鑑賞にいらっしゃいました。ご一行は建国大学校の盆栽学科で盆栽を教えている先生と生徒たちです。

雅風賞などの受賞席や鳩山首相の特別出品席などを時間をかけてじっくりと鑑賞されました。


韓国のご一行 小品盆栽フェアー「雅風展」 をじっくり鑑賞 集合写真
集合写真

韓国のご一行 小品盆栽フェアー「雅風展」 をじっくり鑑賞 観賞風景
観賞風景

 

 

イタリアの小品盆栽講習会で協会員が講師を務める

-Our Member Teached on a Seminar of Bonsai in Italy

今や盆栽愛好家は台湾・韓国・中国などアジアは勿論のこと、アメリカ・ヨーロッパ各地に広がっており、盆栽雑誌が発行され、盆栽講習会が開催されています。

 

今年 (2009年) 4月 17日~ 19日の 3日間、イタリア・ミラノにおいて「小品盆栽芸術の普及・啓蒙」を目的としたイベント (講習会) が行われました。小品盆栽の源である日本から新進気鋭の三浦裕貴氏 (協会 認定講師;三浦培樹園 35歳) が招かれ、小品盆栽の手入れ、飾りを中心とした講演と実技指導を行いました。3日間のイベントへの来場者は約2,500人で、イタリアのみならず他のヨーロッパ諸国からも来ていたとのことです。

 

三浦氏が前回 6年前に訪れた時に比べ、小品盆栽の人気が圧倒的に高まっていたことに驚かされたそうです。


イタリア・ミラノの参加者
イタリア・ミラノの参加者

講師を務める三浦裕貴氏
講師を務める三浦裕貴氏

参加者による実技
参加者による実技

 

 

 

△ページのトップ