もくじ

ブログ パーマリンク PNG エディタ








エディタ

エディタ(またはエディター、editor)は、コンピュータ上で各種のオブジェクトを編集するソフトウェア。 単にエディタという場合、テキストエディタを指すことが多い。

種類

テキストエディタ

スクリーンエディタ – テキストエディタを参照されたい。

ラインエディタ

ストリームエディタ

HTMLエディタ

バイナリエディタ

リンケージエディタ

レジストリエディタ

グラフィックエディタ

サウンドエディタ

分子エディタ   などがある。

→ Wikipedia より部分引用


※ 「WordPress の開発者およびユーザーの多くはマルチバイト文字以外の言語圏の人であるため、日本語の取り扱いが考慮されていなかったり、不十分な箇所がまだあります。」→ Word Pressサイトより



単に慣れたもの、習熟したものが使いやすいと言っているに過ぎず、


PNG

呼称 : 「ピン」もしくは「ピング[/pɪŋ/]」(pingと同じ発音) Portable Network Graphics

.pngとは、

PNG形式の画像ファイルに付く拡張子のことである。主にWebページ上で画像を扱うための形式として開発されたもので、GIF形式と並んでよく用いられる。
PNG形式はGIF形式と比べても圧縮率が高く、その割に画像が劣化しないことを特徴とする。


略称PNG、はコンピュータ上で扱われる画像を格納するためのファイルフォーマットの一つ。


Deflateを利用した可逆圧縮の画像ファイルフォーマット。既存のGIFの機能を拡張、さらにネットワーク経由での使用を想定した機能強化が図られている。ウェブブラウザやグラフィックソフトでのサポートも進み、インターネットを中心に利用が広がっている。

最大16ビットのグレイスケール、24ビットと48ビットのRGBフルカラー、8ビット、または16ビットのアルファチャンネル、さらに最大8ビットのインデックスカラーモードをサポートする。画像に付属するテキストなどのメタデータやガンマ値などを個別に記録できる。
アニメーション機能は定義されていない。

PNGはJPEGに取って代わるものではない。JPEGは写真の圧縮に適した非可逆圧縮方式であり、写真画像に限ってはJPEGのほうがファイルサイズが小さくなる。一方で、文字や線画などの保存はJPEGだと圧縮ノイズが目立ってしまうのでPNGのほうが適している上、ファイルサイズもかなり小さくなる。また、加工を繰り返す予定のある画像はJPEGでは劣化が進んでしまうのでPNG保存が望ましい。

→ IT用語辞典 Wikipedia より部分引用


△ページのトップ


ブログ


ブログ (Blog) とは、

狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。


日本におけるブログ

日本では当初ブログという言葉はなじみの薄いものであり、すでに2ちゃんねるやスラッシュドット日本語版などが存在し、これらがコミュニケーションサイトとして浸透していたことで、日本でブログが広まるのか当初は疑問視する向きもあったが、ツールの日本語化などにより、2002年ごろから急速に広まった。日本独特の進化を遂げたブログとして、携帯電話からの写真付投稿等に対応したブログ(モブログ、Mobile Blogの略)がある。

ブログという言葉が日本で普及する以前から、日本にはウェブサイトやWeb日記、個人ニュースサイトといったジャンルのサイト、およびそれに付随するコミュニティが存在した。係る背景から日本ではブログという言葉はサイトのジャンルというよりも、ブログ向けのツールを使って作られたサイトを指すことが多い。また、ホームページビルダーなどで作成されたニュース・日記系サイトが、ブログ用ツールでの作成へと移行するケースも多い。

現在の状況としてブログは市民権を得ており、最近では人気タレントや政治家、その他著名人などによるブログも増加し、着実に普及している。特に角界では現役力士・若手親方(現役時代からやっているケースがほとんど)や部屋単位で開設するケースが目立つ。その中でも普天王は著名である。2006年3月末の日本でのブログ利用者数は2,539万人に達するという総務省の発表や、2005年から2006年にかけて2倍以上に増加しその数は2000万人を超えているというITmediaの調査報道もある。また、日本のブログは投稿数が多いのが特徴であり、ブログ検索サービスを提供する米テクノラティが4月5日に発表した調査結果によると、2006年第4四半期は世界のブログ投稿数の37%が日本語によるもので、事実上の世界標準語である英語や、母語人口で世界最多の中国語を抑えての1位であったという報道もある。(2011/05/18)

→  Wikipedia より引用



△ページのトップ


パーマリンク

別名:固定リンク  【英】Permalink

パーマリンクとは、

Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

一般に、Webサイトへのリンクは各Webページを単位として設けられる。しかしページの内容が不断に更新されていけば、目的の記事を見つけることが困難になってしまう。また、アーカイブとして別ページに保存された古い記事は見つけることさえできなくなってしまう。パーマリンクは、Webページ単位ではなく個々の記事を単位として1対1にURLを割り当てる。これによって、記事さえWeb上に保存されていれば、どれだけ以前の記事でもリンクを辿って直接に到達することができる。同時に、個々の記事にたいしてトラックバックやコメントを与えることも可能となる。

→ IT用語辞典より引用


△ページのトップ