第1回理事会 開催


平成23年5月22日午前10時より、京都市・六孫王会館会議室において公益社団法人として第1回の理事会を開催し、理事、監事の選任、事業運営(新組織、職務分掌、等)について協議し、全会一致で承認されました。

第1回理事会風景



平成23年度 公益社団法人 第1回定期総会 開催


平成23年5月22日午後1時より、京都市・六孫王会館会議室において、公益社団法人として第1回の定期総会を開催しました。


冒頭、理事長 広瀬幸男が東日本大震災で被災された方がたに謹んでお見舞いを申し上げた後、一般社団法人から公益社団法人に移行するための申請、認定、登記にいたる経緯を報告しました。非常に厳しい経済環境の中での新たな船出であるが、英知を結集して盆栽士検定制度の新設など色々新しいことに挑戦して小品盆栽の普及発展を図っていく決意を表明しました。


来賓を代表して、日本小品盆栽組合理事長 谷端裕之様から、公益社団法人認定に対し祝意が述べられ、厳しい環境下ではあるが“公益法人”という大きな看板の元に夢と希望を持って出発することを期待し、そして小品盆栽協会と小品盆栽組合が今まで以上に協力し合って業界の発展に寄与していきたい旨ご挨拶いただきました。


第1回定期総会議長席       来賓、日本小品盆栽組合理事長 谷端裕之様(右側)

 

広瀬幸男が議長に選出され、以下の議案について提案、説明し、質疑応答の後満場一致ですべての議案が承認されました。


第1号議案 平成22年度事業報告及び損益決算書、貸借対照表、財産目録
第2号議案 平成23年度事業計画及び損益予算書
第3号議案 役員選出
第4号議案 新組織の発表
第5号議案 その他


なお、第1号議案の中で、副理事長・事業本部長 三浦勝志より“新生 全日本小品盆栽協会”のスローガンの発表があり、出席者全員が決意を新たにしました。


スローガン 第1回定期総会会場風景 前会長、湯川武様に感謝状



第2回理事会


定期総会終了後、公益社団法人として第2回の理事会を開催し、代表理事(理事長)に広瀬幸男が選任されました。任期は2年間です。その他、業務執行理事の選任、新法人の組織、職務分掌、業務運営の基本などについて審議し、全会一致で承認されました。



公益社団法人認定記念 夕食会


平成23年5月22日午後5時よりホテル宴会場において、公益社団法人の認定を記念し夕食会を開催しました。会場内では、協会の公益社団法人としての事業である「文化及び芸術の振興を目的として小品盆栽を普及する活動」を更に充実するための熱い議論が交わされ、小品盆栽の未来に夢と希望を膨らませていました。



全日本小品盆栽協会理事長
広瀬幸男
日本小品盆栽組合理事長
谷端裕之様
全日本小品盆栽協会副理事長
三浦勝志  スローガン披露
全日本小品盆栽協会副理事長
白井 暢 公益法人認定までの苦労話の紹介と乾杯


会場風景 会場風景 会場風景 万歳三唱



協会・組合 合同会議


全日本小品盆栽協会と日本小品盆栽組合は隔年に開催している合同会議を平成23年5月23日に開催しました。協会と組合の両者から予め提案された議題について協議し、小品盆栽業界、小品盆栽文化の向上発展のための施策を確認し、協力を約束しました。


組合側 協会側 全景